お茶とお菓子 京都・祇園下河原 『をちょぼ庵』

店長が日々更新中!「をちょぼなブログ」はこちら

京の心と響き合う北欧の銘品

京の心と響き合う北欧の銘品

エスプリが薫る北欧デザインの粋「ARABIA」ヴィンテージ・テーブルウェアを展示販売しています。

「ARABIA」は、高いデザイン水準と機能性、品質の高さで世界中で人気のある北欧フィンランドの名窯「アラビア/Arabia」社のテーブルウェアです。
知人がフィンランドから直輸入したヴィンテージ商品を縁あって展示販売させていただくことになったのですが、「どうして をちょぼ庵と北欧?」とお思いになるかも知れません。
暮らしの中に美を配慮するという伝統があり、ものを大切に使い簡単には捨てずに、良いものを長く使い続ける。子や孫へと受け継いでいく。そんなフィンランドの人たちの精神は京都の人たちにも通じるものです。そして、何よりもシンプルでモダン、温もりのあるデザインは和の暮らしに自然に溶け込みます。

「Vintage ARABIA」を入手できるのはネット通販がほとんどで、店頭販売をしているお店はあまりないそうです。
京都観光、東山散策の折、ぜひご覧になってください。

Vintage ARABIA

食器に関しては全世界的に評価の高いARABIAですが、特に1960年代〜90年代に生産されたヴィンテージ食器の人気は高く、世界中に数多くの蒐集家がいます。
エステリ・トラムやウラ・プロコッペ、ビルカー・カイピアイネンなど、北欧を代表するデザイナーが最も活躍していた時期にあたり、それらのデザイナーが手掛けた食器は日本でも高値で取引されています。

「ARABIA」について

1873年に誕生したヨーロッパを代表する陶磁器メーカー。100年以上にわたり非常にクオリティの高い陶磁器を作り続け、今なおファンが増え続けています。特に熟練工が生み出す手作りの質感と世界をリードし続けるデザインセンスは、世界中のデザイン部門において大きな影響力を発揮しています。
現在はイッタラグループに属し、その中核企業として生産活動を行っています。日本においては、北欧ブームの中心的なブランドの一つとして、古くから親しみのあるメーカーで、年々発表される新作や、廃版となってしまったヴィンテージ品はことあるごとに話題となっています。